モンゴル書道教室

モンゴル人が使用した文字。ウイグル文字などをもとにチンギス=ハンの時に制定された。革命後のモンゴルでは1942年からモンゴル語の代わりにソ連圏の共通文字であるキリル文字が使用されたが、1991年の民主化によって、現在はモンゴル文字が復活している。中国領の内モンゴル自治区でもモンゴル文字が使われている。

モンゴル文字

現代のモンゴル文字 世界人権宣言の一部
Unicodeモンゴル文字フォントの例

 モンゴル民族は始め、文字を持たなかったが、チンギス=ハンナイマン王を従えたとき、捕虜とした臣下のウイグル人から、ウイグル文字を学び、モンゴル文字を制定したといわれている。モンゴル文字は縦書きが特徴で、左行から右行に向かって読む。
 フビライ=ハンは1269年に公文書用としてチベット系のパスパ文字(パクパ文字)を制定したが、一般には普及せず、元の滅亡と共に忘れ去られた。
 モンゴル文字はその後もモンゴル語を表記する文字として使われ続けた 。20世紀に入り、1924年に外モンゴルにモンゴル人民共和国が成立(世界で2番目の社会主義国だった)した後、ソ連の影響が強まり1942年にモンゴル文字が廃止され、ロシア語のキリル文字が使われることとなった。しかし、同じモンゴル人である中国の内モンゴル自治区では、そのままモンゴル文字が使用され続けている。
 1991年にソ連が崩壊し、モンゴルも社会主義国から転換することとなるが、民主化・自由化の動きの中で民族の文字であるモンゴル文字の復権が叫ばれるようになり、1992年に成立したモンゴル国では、94年にモンゴル文字を復活させる法律も作られた。学校教育を通してモンゴル文字の普及が進められているが、現実には依然としてキリル文字を使うケースの方が多い。このようにモンゴル文字はモンゴルの歴史に翻弄された経緯がある。
https://www.y-history.net/appendix/wh0403-001_3.html 「世界史の窓 」から引用しました

12月5日にモンゴル文字書道教室開催します。

10月18日−23日の川快哉されたアルアル書道展示会にモンゴル語教室ノタックが参加して、生徒たちの素晴らしい作品を展示しました。来年の10月5日から第3回の書道展が開催されることに目指して、書道教室を始めようと思います。12月5日13:00−15:00に体験レッスンを企画しました。みなさんのご参加をお待ちしています。参加費は2,500円です。教材費500円です。

世界で一つだけ縦に書く文字を挑戦してませんか。

第2回あるある書道展示会が開催されました