モンゴル語講師

Gantsetseg  ガナさん

 

東京昭和女子大学博士課程修了しました。

 

2018年から東京外国語大学モンゴル語学科

非常勤講師 モンゴル語会話、

モンゴル語文法担当

 

Ganbaatar  ガンバートルさん

大学3年生の時に、交換留学で内モンゴルから来たモンゴル人留学生のチューターとしてモンゴル語のサポートしたことがあります。 それをきっかけに教育に関わる仕事をしたいと強く思うようになりました。大学卒業後、教員免許を取り、モンゴル国立ウランバートル大学で専任講師として3年間モンゴル言語学、特に音声学、語彙論、文法などを教えた経験があります。

来日し、長沼スクールを卒業した後、自分と同じく日本語・日本文化に興味を持っている後輩たちの役に立つ仕事をしたいと思い、大学院で日本語教育の研究をしました。修士論文のテーマは「モンゴル人日本語学習者における母音調和の影響」です。その際に、モンゴル人と日本人の発音の違いなどを調査しました。

Altannavch  Uuganbaatar  ウーガンバートル

詩を作ったり、朗読大会に参加したりなど文学好きなこどもでした。それもあり、モンゴル国立ウランバートル大学言語・文学部に入学し、2008年に卒業しました。学生時代は文学サークルや研究会の参加などの活動をしていました。2010年にモンゴル国立ウランバートル大学大学院修士課程終了しました。修士論文はモンゴルの近代文学についてです。2008年から2011年にモンゴル国立大学の教務課職員として働きながら、モンゴル近代文学入門の授業を担当した経験があります。日本では、2017年に東京都立大学大学院修士課程を終了しました。

ここでモンゴル高等教育政策について修士論文を書きました。モンゴル文学についてお話をすることを楽しみにしています。

BatーArbin Aryuna  アリウナ さん      ノタック教室代表

学歴

2001年~2004年 大阪外国語大学大学院修士課程修了(言語文化修士号)

2004年~2007年 大阪梅花女子大学大学院児童文学専攻博士課程単位修得退学 

職歴 

1995年~2000年 ブリヤート共和国 国立大学東洋学部日本語講師

         2012年〜 モンゴル語教室ノタック神保町 代表